公演情報

2024

金春流 座・SQUARE 第27回公演


日時:令和6年7月15日(月・海の日)

13時開演(12時15分開場)

場所:国立能楽堂 
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
JR総武線 千駄ヶ谷駅 徒歩5分
大江戸線 国立競技場駅 A4出口から徒歩5分
副都心線 北参道駅 出口1から徒歩7分

<番組>
● 解説 山井綱雄  
● 能 班女 シテ 井上貴覚
      ワキ 舘田善博
      間  前田晃一
      笛  栗林祐輔
      小鼓 飯冨孔明
      大鼓 柿原弘和
● 狂言 痩松 シテ 三宅右矩 アド 高澤祐介
~休憩~
● 仕舞 清経クセ 髙橋忍
● 仕舞 東北キリ 辻井八郎

● 能 鞍馬天狗 白頭 シテ 山井綱雄 
          牛若 中村優人
          稚児 山口亜花里
          稚児 林 未来
          稚児 大東葉一郎
          稚児 斎藤優寿
          稚児 山口大雅
          稚児 河村洸希
          稚児 大幡明凜
          稚児 荒牧春花
          稚児 松浦やえ
          稚児 大幡美遥
          ワキ 野口能弘
          間  三宅近成
          間  金田弘明
          笛  一噌隆之
          小鼓 鵜澤洋太郎
          大鼓 安福光雄
          太鼓 吉谷 潔 

<入場料(全指定席)>
SS席8,000円 S席7,000円 A席5,000円
B席3,000円(B席学生:1,500円)

<お申し込み>
■チケットサイト「カンフェティ」5/15より
 https://www.confetti-web.com/
 電話:0120-240-540(平日10時~17時)
■山井綱雄事務所 
 電話:070-6526-0270(平日10時~17時)
 メール:info@tsunao.net
   

【鞍馬天狗あらすじ】
春の鞍馬山。鞍馬寺の僧が稚児たちを連れて花見をしていると山伏が姿を現します。僧は花見をやめて稚児たちと立ち去ってしまいます。
残ったのは山伏と一人の少年。山伏が疎外された身を嘆くと、少年は山伏に同情して声をかけます。二人は互いに親しみを覚え、少年は自分は源義朝と常盤御前の間に生まれた牛若丸であると明かします。僧たちは平家の稚児だけを連れて帰ったのです。不憫に思った山伏は、牛若丸を桜の名所に案内し、自分は鞍馬山の大天狗で、明日、兵法の大事を伝えようと言い残して飛び去ります。<中入り> 長刀を手にした牛若丸の前に大天狗が現れ、牛若丸に、漢の張良が兵法を受けることができた由来を語り、その奥義を伝授します。さらに牛若丸の平家討伐を予言し守護を約束すると鞍馬の山へ翔け去っていきました。

源義経の幼少時代を題材にした物語。花盛りの鞍馬山を背景に、大天狗と牛若丸との師弟の絆を中心に情趣に富んだ多彩な場面が展開されます。






 

五流の愉しみ ~ちがいを楽しむワークショップ~

五流の舞、一度に見たことありますか?

能楽シテ方五流から1名ずつ能楽師が出演し、各流儀のちがいや特徴について、トークと実演を交えながら丁寧にご案内するワークショップです。愛好者の方々には、新たな視点で今後の鑑賞をお楽しみいただけるような内容です。また、能の公演を未だご覧になったことのない方には、わかり易い初めの一歩をお伝えいたします。

日時:令和6年7月24日(水)14時から16時30分

会場:矢来能楽堂(東京都新宿区矢来町60)


チケット:3,300円(税込)/全席指定


出演:小倉健太郎、佐々木多門、豊嶋晃嗣、山井綱雄、清水義也

■お申込み:
⇒ 五流の愉しみ | noh-goryu (jimdosite.com)

■お問い合わせ:五流の会 事務局
メールアドレス: enjoy.noh.goryu@gmail.com

山井綱雄公演スケジュール

 ●5 /18(土)18:00  伊東祐親まつり 伊東温泉薪能 於:伊東大川(松川)川中水上能舞台 
    能〈野守〉シテ山井綱雄 狂言〈樋の酒〉 伊東市文化財史蹟保存会事務局0557-36-7726

 ●5 /24(金)19:00  水谷川優子チェロ・リサイタル  於: 王子ホール(中央区銀座)
    ソワレ ゲスト出演 山井綱雄    
    全席指定 5000円 コンサートイマジン03-3235-3777

 ●5 /26(日)17:30 磐田能 公演  於:磐田市熊野伝統芸能館(静岡県磐田市)
    能 〈葵上〉シテ山井綱雄 ツレ村岡聖美
    全席自由 3000円 磐田文化振興会0538-37-8551

 ●7 / 6(土)夜 二木屋ろうそくの夕べ 於:二木屋(さいたま市)048-825-4777
    半能〈源氏供養〉山井綱雄 

 7/15(月祝)13:00  座・SQUARE   於:国立能楽堂(千駄ヶ谷)
    能〈鞍馬天狗 白頭〉シテ山井綱雄 
    能 〈班女〉シテ井上貴覚   山井綱雄事務所070-6562-0270(平日10時-17時)

 ●7/24(水) 14:00 第2回 五流の愉しみ ワークショップ 於:矢来能楽堂(新宿区)
     小倉健太郎(宝生) 佐々木多門(喜多) 豊嶋晃嗣(金剛) 山井綱雄(金春) 清水義也(観世)

 ●7/28(日) 16:00  白瀧文化祭  於:白瀧呉服店(練馬区)
   「日本の心と未来を語る」 
   一中節宗家/都一中 能楽小鼓/大倉源次郎(人間国宝) 金春流能楽師/山井綱雄

 ●10/13(日)夜  第101回二木屋薪能 於:二木屋(さいたま市)048-825-4777
    半能〈田村〉山井綱雄   

 ●秋ごろ 好評につきシェイクスピア劇「シン・タイタス」
     バージョンアップしてロングラン再演予定!

 12/7(土)14:00  第十九回 山井綱雄之會     於:国立能楽堂(千駄ヶ谷)
  能〈夜討曽我〉 山井綱雄 能〈葛城 大和舞〉村岡聖美 狂言  大藏彌太郎  
  「綱雄の会」先行予約7月下旬から/一般予約9月からの予定  
  山井綱雄事務所070-6562-0270(平日10時-17時)

 ●12/22(日)14:00  朗読と能による「大会(だいえ)」 於:豊田市能楽堂(愛知県豊田市)
    能 〈大会〉 山井綱雄

 ●12/26(木)五流の会 本公演 
    能「羽衣」小倉健太郎(宝生流)
    能「黒塚 替装束」佐々木多門(喜多流)

    一調または独吟 山井綱雄(金春流)

(2024年5月現在)
※諸事情により公演内容は変更となる場合があります

~お問い合わせ~           
山井綱雄事務所/綱雄の会事務局    
電話:070-6526-0270(平日10時~17時)
メール:info@tsunao.net
       

2022

能「高砂」姫路藩と能楽 高砂染と寿ぎ

【日時】
令和4年11月6日(日)  14時開演
小雨決行(荒天の場合は延期)

【場所】
高砂神社能舞台「神遊殿」

【演目】
解説「ごーにんばやしのふえたいこー」
特別ゲスト
東京オリンピックプラカードベアラー 櫻たかこ
特別出演 篠笛「舞姫」岩城琢也

能「高砂 舞序破急ノ伝」(金春流)
シテ 山井 綱雄
ツレ 山井 綱大
ワキ 江崎 欽次朗
ワキツレ 大坪 賢明
ワキツレ 江崎 太朗
アイ 前川 吉也
笛  斉藤 敦
小鼓 上田 敦史
大鼓 大村 滋二
太鼓 上田 慎也
後見 山中一馬 村岡聖美
地謡 金春康之 辻井八郎 井上貴覚 政木哲司

【チケット代】
4,000円(全席指定席)
※購入時に座席をお選びいただきます

10月1日午前10時より高砂市観光交流ビューロー(高砂市高砂町今津町533-1)にて販売

【お申込・お問合せ】
一般社団法人 高砂市観光交流ビューロー
(10:00~17:00)
079-441-8076

【お問合せ】
一般社団法人 江崎福王会
E-mail: comomo4sai@yahoo.co.jp

第十七回山井綱雄之會

2022 年11月4日(金)
18:30 開演
国立能楽堂

解説  羽田 昶
   能楽研究家・武蔵野大学客員教授
狂言 鬼瓦
   シテ 大名    高澤 祐介
   アド 太郎冠者  前田 晃一  
      後見   金田 弘明
        休憩
能  砧
   シテ 前/芦屋某の妻
      後/妻の幽霊  山井 綱雄
   ツレ 侍女 夕霧   佐々木 多門(喜多流)
   ワキ 芦屋某     舘田 善博
   アイ 下人      高澤 祐介
    笛   竹市 学
   小鼓 大倉 源次郎
   大鼓 亀井 広忠
   太鼓 桜井 均  
   後見 横山 紳一 金春 憲和 山中 一馬
   地謡 中村 昌弘  髙橋 忍
      井上 貴覚  本田 光洋
      本田 芳樹 金春 安明
      政木 哲司 辻井 八郎
終演予定 二十一時

狂言 鬼瓦 おにがわら
 訴訟ごとがあり、長い間都に滞在していた大名は、晴れて勝訴し国元への帰参が許された。これも信仰していた因幡堂の薬師如来様のお陰と、太郎冠者とともにお礼参りをすることに。この薬師様を勧請したいとお堂をよく見ているうちに、鬼瓦を見つけ、大名は突然泣き出す。国元に残した妻への思いが、温かく伝わってくる作品。
能  砧 きぬた
 九州の芦屋の領主は、訴訟のために三年間も在京している。妻を一人残した故郷を心配し、侍女の夕霧を使わす。妻は夫の無情を嘆き夕霧に恨みごとを言うが、里人の打つ砧の音を聞き、唐土の蘇武の故事を思い出す。秋の夜、夕霧とともに砧を打ち、夫を思い、心をなぐさめる。今年の暮れも夫は戻れぬという知らせが届くと、妻は失意のうちに病になり、命を落とす。夫が帰国し弔う
うちに、妻の亡霊があらわれ恨みの様を見せるが、夫の読経により遂には成仏していく。

◎入場料(全席指定)
●「綱雄の会」先行受付
 7月26日(火)~8月3日(水)
一般発売日 8月4日(木)~

S席  ●10,000円
A席  ●8,000円
B席  ●6,000円
学生席B席 ●3,000円

チケットのお求めは
カンフェティ
https://confetti-web.com/ 
Tel ● 0120-240-540(通話無料)
(受付時間 平日10:00~18:00)

主催:お問合せ
山井綱雄事務所/綱雄の会事務局

Tel ● 070-6526-0270
(受付時間 平日10:00~17:00)
Web●https://tsunao.net

2021

<盛会御礼>第十六回山井綱雄之會 新作能 鷹姫

令和3年度(第76回)文化庁芸術祭参加公演

絶海の孤島、鷹姫が守る泉から湧き出る水は不老不死の水との伝説があった。古来から幾人もが、泉の水を求め島にやってくるが、その水を得たものは誰もいない。ある日、若き王子 空賦麟が不老不死の水の話を聞き、島にやって来たが...。
半世紀前の初演以来、能楽の伝説的新境地を拓いてきた新作能「鷹姫」。宝生流宗家宝生和英師はじめ能楽五流派・各役の猛者が集結。シェイクスピア劇演出家の木村龍之介氏を演出に迎え、能楽の更なる新境地開拓に挑む。金春流能楽師主催公演としては初の「鷹姫」上演。

日時:令和3年11月5日(金)18時半開演

於:国立能楽堂  東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 
  中央・総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩約5分
  大江戸線 国立競技場駅下車 A4出口から 徒歩5分
  副都心線 北参道駅下車   出口1から 徒歩7分

番組
■新作能「鷹姫」について
羽田昶(能楽研究家・武蔵野大学客員教授)  

■新作能 鷹姫
原作  ウィリアム・バトラー・イェイツ 「鷹の井戸」
作   横道萬里雄

鷹姫  宝生和英(宝生流二十世宗家)
老人  櫻間金記(シテ方金春流)
老人  観世喜正(シテ方観世流)
空賦麟 山井綱雄(シテ方金春流)
コロス(岩) 高橋 忍(シテ方金春流)
コロス(岩) 辻井八郎(シテ方金春流)
コロス(岩) 和久荘太郎(シテ方宝生流)
コロス(岩) 豊嶋晃嗣(シテ方金剛流)
コロス(岩) 佐々木多門(シテ方喜多流)
コロス(岩) 舘田善博(ワキ方宝生流)
コロス(岩) 大藏彌太郎(狂言方大蔵流)
コロス(岩) 大藏基誠(狂言方大蔵流)
笛   藤田貴寛
小鼓  鵜沢洋太郎
大鼓  柿原光博
太鼓  吉谷潔
後見  金春憲和(金春流八十一世宗家)
    井上貴覚
    本田芳樹   他

演出  木村龍之介(演出家・作家・カクシンハン主宰) 

■アフタートーク 

20時45分頃 終演予定


<入場料>(全席指定)
綱雄の会先行受付 7月28日(水)~

一般発売日 8月4日(水)~
SS席●12,000円   S席●10,000円
A席●9,000円    B席●7,000円
学生席B席●3,000円 
※学生席B席は山井綱雄事務所のみでのお取扱いとなります。


<チケット取扱い・お問合せ>
山井綱雄事務所

Tel: 070-6526-0270
(受付時間 平日10:00~18:00)
Mail: info@tsunao.net

カンフェティ
オンラインチケットサービス
(第十六回山井綱雄之會 予約専用ページ)
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=62248&
(カンフェティチケットセンター)
http://confetti-web.com/
Tel  0120-240-540
(受付時間 平日10:00~18:00)


第十六回山井綱雄之會は、国立能楽堂の「独立行政法人日本芸術文化振興会新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を講じて、開催いたします。ご来場の際には、国立能楽堂ホームページ「国立能楽堂 お客様へのお願い・感染症対策への取り組み」をご一読いただけますよう、お願い申し上げます。

座・SQUARE 第24回公演 ~がんばろう、能楽!~

於:国立能楽堂  東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 

中央・総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩約5分
  大江戸線 国立競技場駅下車 A4出口から 徒歩5分
  副都心線 北参道駅下車   出口1から 徒歩7分

日時:令和3年7月19日(月) 
午後5時30分開演(午後4時45分開場)

能 「夕顔」 シテ 井上貴覚
一夜の儚き契りの思い出に心捕らわれた夕顔の霊。一期の法の縁に救いを求める。  
狂言「柿山伏」シテ 山本泰太郎
能 「大会」 シテ 山井綱雄
僧の恩に報いる為に釈迦に化けた天狗の哀しい顛末。可笑し哀しく『善悪不二』を説くエンタメ能の傑作。

入場料:(全席指定席)
SS席 8,000円  S席 7,000円  A席 5,000円
B席  3,000円 (B席学生 1,500円)

チケット取扱い・お問合せ:山井綱雄事務所
             Tel:070‐6526‐0270
                 (平日10時~18時)
             Mail: info@tsunao.net

2021年度 山井綱雄 シテ公演 金春会定期能

日時:2021年4月4日(日) 12時30分開演(11時45分開場)

於:国立能楽堂  東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 
  中央・総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩約5分
  大江戸線 国立競技場駅下車 A4出口から 徒歩 5分
  副都心線 北参道駅下車   出口1から  徒歩 7分

能「嵐山」 シテ 山井綱雄
能「玉葛?」 シテ 伊藤真也
能「天鼓」 シテ 櫻間金記

入場料:一般 6,000円
    25歳以下優待券(脇正面席) 2,500円
    全席自由席

<嵐山あらすじ>
吉野から移植した桜の花を見てくるようにと勅命を受けた臣下は、嵐山を訪れます。そこに花守の老人夫婦が現れ、木の下を清め、礼拝をはじめます。勅使が不思議に思い老人に尋ねると、この花は神木であり、吉野から移植したため吉野山の神が姿を現すのだと答えます。さらに老人は、神木の花に姿を現す木守と勝手という夫婦の神が自分たちであることを告げ、老夫婦は雲に乗って消えてしまいます。
やがて、夜になると木守と勝手の神が現れ、勅使の前で舞を舞うと、さらに蔵王権現も現れます。蔵王・木守・勝手の三体は一体分身であると語り、春の盛りを寿ぐのでした。

チケット取扱い・お問合せ:山井綱雄事務所
             Tel:070‐6526‐0270
                 (平日10時~18時)
             Mail: info@tsunao.net

2020年度 山井綱雄 シテ公演 金春会定期能

<日程変更>
日時:2020/6/72021年3月24日(水)12時30分開演(11時45分開場)
※お持ちのチケットは、そのままお使いいただけます。紛失にお気をつけてお手元で保管ください。

於:国立能楽堂  東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 
  中央・総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩約5分
  大江戸線 国立競技場駅下車 A4出口から 徒歩 5分
  副都心線 北参道駅下車   出口1から  徒歩 7分

能「老松」 シテ 山井綱雄
能「杜若」 シテ 政木哲司
能「鵜飼」 シテ 高橋忍

入場料:一般 6,000円
    25歳以下優待券(脇正面席) 2,500円
    全席自由席

<老松あらすじ>
都に住む梅津某が北野天満宮のお告げを蒙り、筑紫国の菅原道真の菩提寺である安楽寺に参詣すると、老人と若い男が現れ、梅に垣を作ります。 
梅津某が、彼等に有名な飛梅はどれかと問うと、神木であるので紅梅殿と崇めなさいとたしなめ、境内の飛梅(「紅梅殿」)と老松の謂われを語り、彼等は姿を消します。若者は梅の花守、そして老人は老松の精だったのでした。 
しばらくして、梅津某の夢枕に松の精と梅の精が現れ、千代に八千代の君が代をたたえ、舞を舞い、御代をことほぐのでした。

チケット取扱い・お問合せ:山井綱雄事務所
             Tel:070‐6526‐0270
                 (平日10時~18時)
             Mail: info@tsunao.net

2020

座・SQUARE 第23回公演 ~正義と邪念~

日時:令和2年7月19日(日) 
午後1時開演(午後0時15分開場)

於:国立能楽堂  東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 
  中央・総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩約5分
  大江戸線 国立競技場駅下車 A4出口から 徒歩5分
  副都心線 北参道駅下車   出口1から 徒歩7分

能 「自然居士」 シテ 辻井八郎  
人買いに売られた幼子を取り戻せ!
芸尽くしの劇的能。正義のヒーロー登場。  
狂言「附子」  シテ 大倉彌太郎
仕舞「田村キリ」山井綱雄
仕舞「半蔀キリ」井上貴覚
能 「殺生石」 シテ 高橋忍
インド、中国、日本の三国に危害を加えた悪霊。
石となった悪霊の執心が、石を割って姿を現した。

入場料:(全席指定席)
SS席 8,000円  S席 7,000円  A席 5,000円
B席  3,000円 (B席学生 1,500円)

チケット取扱い・お問合せ:山井綱雄事務所
             Tel:070‐6526‐0270
                 (平日10時~18時)
             Mail: info@tsunao.net

 新型コロナウィルス感染拡大の影響でチケット発売を延期しておりました。7月にどのような状況になっているか全く読めない状況ですが、開催に向けて準備しております。
 感染防止策のひとつとして、座席を1席ずつ空けての販売を考えております。通常より半分の座席数の販売となりますが、皆様からのご予約をお待ちしております。その他、できうる限り皆様のご協力のもと安心してご鑑賞いただける方法を取らせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

令和2年5月7日
座・SQUARE